看護学校のすすめ

看護学校に関する情報をご紹介!

医師会が運営する看護学校の安心さ

医師会が運営する看護学校の安心さ 看護学校の中には、医師会が運営しているところがあります。
このような看護学校は、他のところにはない安心感があります。
特に学費が安い点が、大きなメリットになるでしょう。
地域によって異なっていますが、私立の学校だったら初年度の学費が100万円を超える場合があります。
医師会が運営しているところだったら、100万円以内の場合があります。
ただし、学費については学校ごとにかなり異なっているので、ホームページを見てしっかりと確認した方が良いでしょう。
他の良さもあります。
第一線で働いている医師や看護師が先生になっているのは、このタイプの学校の強みです。
実際の医療の現場で必要とされている知識や技術を、授業の中で惜しげもなく教えてくれます。
この良さは、実習にもつながっていきます。
実際の病院で豊富な実習をすることができます。
具体的には医師会に属している病院で、できるようになります。
そのような実習ができれば、実際の働き始めた時の大きなプラスになります。

医師会が運営する看護学校の学費について

医師会が運営する看護学校の学費について 全国には各地域の医師会が運営する看護学校があります。
医師会の看護学校で学ぶ多くの看護学生は系列の病院などで看護助手として勤務しながら学業に励むことになります。
そのため実際の患者様と触れ合いながら看護についての知識や技術を高めることができるという特徴があります。
また他の看護学校と比べて非常に学費が安いといった特徴もあります。
地域によって学費の差はありますが一般的には授業料は准看護科で年間で30~40万円、看護学科で30~40万円に設定されているところが多くなっています。
その他にも入学金や実習費用、教材費などが別途かかってきますが大学や看護専門学校と比べてもかなり割安となっています。
学費は前期・後期で分割納付とするところがほとんどとなっています。
さらには系列の病院に勤務することで奨学金が支給される場合もあるため学費の一部に充当することもできます。
そのため医師会の看護学校は現役学生だけでなく社会人経験を経て入学される方も多くいらっしゃいます。