看護学校のすすめ

医師会の看護学校で免許を取得

医師会の看護学校で免許を取得

医師会の看護学校で免許を取得 高齢化社会に突入している日本はますます高齢化が進み、2025年には65歳以上の高齢者が人口の30パーセントを占めると言われています。医療や介護の業界では2025年問題として各機関や各職種間で様々な検討がなされています。介護職員の不足も社会問題になっていますが、看護職の不足も同様です。
看護師養成機関には様々な機関があり、免許取得にもいくつかの方法があります。看護学校にもそれぞれの特徴があり、例えば大学で学ぶ、看護専門学校で学ぶ、また昼間に通学したり、定時制もあります。医師会の看護学校の特徴の一つは定時制を設けている所が多いということでしょう。准看護士の資格を得ている場合、定時制に通学して免許を取得する方法もあります。高卒の場合、准看護士の資格を得ていれば3年の定時制、2年の全日制、衛生看護科卒業で准看護士の資格を得ていれば同様です。また中卒者で准看護士資格取得後3年の経験があれば同様の方法で免許を取得することができます。

医師会の看護学校はどんな魅力がある?

医師会の看護学校はどんな魅力がある? 安定した専門職として根強い人気を誇っている職業に看護師がありますが、看護師になるための道はいくつかの選択が可能です。そのひとつに医師会の看護学校に入学するという方法があります。そのためには自分が選んだ地域の医師会の准看護学校の試験に合格する必要がありますが、入学後にはさまざまなメリットを享受することが可能となります。
例えば、入学後は午前中は医師会が提携している病院で助手として働き、午後は看護学校に通って勉強をすることができます。実際の病院で実務を経験しながらそれと並行して学校では座学によって知識をつけていけるので、効率よく学べます。准看護学校は2年間ですが、准看護師の資格を取得した後、正看護師を目指すという選択も考えられます。特に入学にあたって卒業までの費用の面で心配だという人にとっては、医師会の学校に入学することによって、提携している病院の寮を提供してもらえることがあるなど看護師を目指したいという人にとってはたくさんの魅力があります。