看護学校のすすめ

看護学校に関する情報をご紹介!

看護学校受験に欠かせない面接対策

看護学校受験に欠かせない面接対策 看護学校の受験においては、主に学力試験や小論文、面接試験などが実施されます。
このうち特に重視されるのは面接試験であり、しっかりとした対策が必要となります。
もちろん、必要最低限の学力や作文能力も身に付けておくことが大切なので、ないがしろにしないよう注意しましょう。
看護学校の受験において面接が重要な理由は、志望動機がしっかりしている人ほど、看護師への思いが強いことが伝わることや、看護師はチームで働くものなので、自分の意見をしっかりと述べることが出来ることが重要であるからです。
そのため、面接対策は入念に行い、どのような質問が来てもしっかりと受け答えできるようにしておくことが大切です。
ただし、良いことばかり言う必要はありません。面接で良い印象を残そうとして、嘘でも明るいことばかり言おうとする人が多いですが、面接においては自分の意見を言うことが大切です。
そのため、時には世の中を否定することや、自分の短所なども、堂々と言えるように準備しておきましょう。

看護学校の志望動機

看護学校の志望動機 どんなに健康な人でも、看護師には何らかの形でお世話になったのではないでしょうか。
会社や行政が行う健康診断でもお世話になりますし、子供の頃は定期健診や予防接種もあります。
そしてお世話になるたびに優しい笑顔や態度で接してくれたり、入院や大病をした人の中には弱った時に励ましてくれたり、時には叱ってくれる看護師もいたかもしれません。
看護師は病院にいて当たり前の存在ではありますが、看護師になる際の志望動機は様々です。
自分が子供の頃に接した看護師さんに憧れてという人から、母親が看護師をしていたから、人の役にたちたいという奉仕の心から、一生働ける仕事だからなど、志望動機は看護学校に通う人の数だけあるわけです。
中には社会人になったあとに看護学校に通う人もいて、そういった人の中には、自分で働いて学費を稼いだという人もいるようです。
看護学校に入学した時の志望動機や状況は様々ですが、看護師になった後は誰かの役に立ち、多くの人たちを支えている事だけは同じと言えるでしょう。